ブリーダー

ブリーダーに就職・転職するには

投稿日:2017年7月24日 更新日:

 

ブリーダーとは主に、犬や猫などの動物を繁殖させ、
ペットショップに卸す役割をしています。
犬のショーなどに出場させるためのショーブリーダーや、
ペットショップなどに動物を卸すペットショップブリーダーが存在しています。

最近では、ペットショップで売られている犬や猫のほとんどが
ブリーダーから卸されていると言われています。

近年のペットブームにより、需要が増えている仕事です。

 

ブリーダーの仕事内容

 

ブリーダーは、犬や猫など繁殖させる動物の知識が必要になります。
また、生まれた子供の健康管理、母親の健康管理などのお世話を行います。

ブリーダーは繁殖さえさせれば良いという訳ではなく、犬や猫の性格や特徴をよく理解したうえで、
さらに優れた子供を誕生させなければならないのです。

例えば、母犬がショーのチャンピオン、父犬がアジリティーで優れた成績を持っていたとします。
その場合ブリーダーは母親と父親の両方の良い所を持つ子犬を誕生させなければなりません。
簡単なように見えて、実は奥深くとても難しい仕事なんです。

ペットショップに卸した子犬がすぐに病気になってしまったり、
亡くなってしまったりすると、そのブリーダーの信頼が無くなってしまいます。

勤務場所ですが、ブリーダーによって異なります。
ブリーダーとして会社やペットショップに就職できる事は少なく、
ほとんどが個人で働いてます。
また、トップブリーダーの元で雑用などの下積みなどを経て独立する方法や、
独学で開業する方法などがあります。

自宅を繁殖場にする場合は、一日のすべてを動物に充てなければなりません。
相手は生き物ですから、病気や怪我などがあった場合は夜通し看病する必要もあります。

また、最近では繁殖させた動物をインターネットで販売しているブリーダーもいます。

 

必要な資格

ブリーダーになるにあたって、必要な資格はありません。
独学でブリーダーになる事もできますし、専門学校で動物看護師などの資格を得て、
ブリーダーになるという方法もあります。
また最近では、通信講座でもブリーダーの勉強を受けることが出来ます。

専門学校や通信講座で資格を取得する事で、仕事をする中で役に立つ知識を得る事が出来ます。
さらに、ブリーダー業を営む会社への就職が有利になる場合もあります。

必須な資格はありませんが、命を扱う以上、動物に関する資格は持っておくべきでしょう。

 

※個人で開業し、ブリーダーになる場合は「動物取扱業の届出」を届け出なければなりません。
また、この「動物取扱業の届出」を登録するためには「動物取扱責任者」の資格が必要です。

 

ブリーダーの給料って?

本業としてのブリーダーを行っている人がいる一方、
趣味の延長でブリーダーをしている人もいるため、給料には大きく差が出ます。
ブリーダー業を行っている会社へ就職すれば安定した給料を得る事が出来ますが、
それでも給与は一般のサラリーマンよりも低いでしょう。

開業し、トップブリーダーになれば給料も高く、安定するでしょう。
しかし、トップになるには多大なる努力と知識が必要です。
ショーで優勝するような優秀な動物を繁殖させられるのは、ほんの一握りです。

命を繋ぐ職業なので、給料のために就く仕事では無いでしょう。

 

悪徳ブリーダーについて

動物が大好きでブリーダー業を行っている人がいる中、
動物を金儲けの道具としか見ていない「悪徳ブリーダー」も存在します。

狭く衛生状態の悪いゲージに動物を閉じ込め、誰にもギュッと抱きしめてもらえないまま
一生を終えてしまう…そんな悲しい事が起こっているんです。
病気や怪我になっても放置され、身体中排泄物で汚れきっている…。
また、鳴き声がうるさいと声帯を切っているブリーダーもいます。

近親相姦などを繰り返し、子供が産めなくなったら保健所へ連れて行くのです!

そのような繁殖業者も存在するため、ブリーダーとして働きたい場合は
悪徳業者に気を付けましょう。

儲けを優先し、自分がそんな悪徳ブリーダーにならないようにしましょう。

動物虐待は許される事ではありません!!

 

ブリーダーに向いている人

動物に対して愛情を持つことはもちろん、
自分が誕生させた動物をきちんとした家族へ手渡すという責任感がある人が向いているでしょう。

また、ブリーダーはけして儲かる仕事とは言えません。
儲けよりも、動物が大好きな気持ちが強い人でないと続けることが出来ない職業でしょう。

 

やりがいについて

新しい命の誕生を目の前で見ることが出来たり、
自分の手によって優秀な子供が生まれた時にやりがいを感じます。
また、子犬や子猫が新しい家族の元へ巣立っていく瞬間や、
ショーや競技会で良い成績をおさめた時は何とも言えない喜びを感じます。

悲しい事ですが、途中で亡くなってしまう子もいます。
だからこそ、元気に産まれてくれた時の嬉しさは計り知れません。

 

いかがでしたか?ブリーダーについて少し詳しくなれたのではないでしょうか。

悪徳ブリーダーがいる一方で、きちんと愛情持ってブリーダー業を行っている人もいます。
悪徳ブリーダーがこの世から消え、「あなたが繁殖させた子犬を迎えたい!」
…そんな風に思われるブリーダーがペット業界に溢れることを願います。

動物が大好きなアナタ、ぜひそんな「素晴らしいブリーダー」になってみませんか?

adsense

adsense

-ブリーダー

Copyright© ペットワークス.jp(トリマー等、どうぶつ専門の求人情報サイト) , 2019 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。